エグゼクティブコーチング

コーチングとは、
『クライアントの本音・本気をひきだすメソッド』であり、
それらをクライアントが行動実践して行くために必須の『パートナーシップ』

と私は考えています。

アメリカのCoach Uスクールではプロコーチとしてのアドバンススキルと基本姿勢を、
東京のプロコーチ養成スクール(平本あきお氏代表)では、五感をフルに使い短時間
に課題を解決 していくコーチングアプローチを体得。

今ある人材育成方法の最先端スキルで、セッションを 行っています。

またコーチングだけではなく、コンサルティングが必要なケースには、日本と欧米に
おける人 材育成業界で培った経験やノウハウを提供。
アドバイスや具体的な提案も行ないながら、クライアントのニーズに合わせた柔軟
なスタイルで進めていきます。

■内容
ビジネスを大きく二つに分けるとすると、『数字』の部分と、その数字を弾き出して
いくのに不可欠な『人間力』の部分があるのではないでしょうか。

私のコーチングでは、後者の『人間力』—- 社内におけるリーダーシップ、
会社のビジョンや価値観、チーム/組織全体への物事の伝え方、エグゼクティブ
としてのあり方 やキャリア性などを扱っていきます。

つまりは
『自己とのコミュニケーション・他者とのコミュニケーション』
をいかにその人らしく、効果的に 向上させていくかが、根幹のテーマとなります。

<主なテーマ>
・マネジメント課題全般(リーダーシップ、チームビルディング、意識改革など)
・職場におけるコミュニケーション課題全般
・個人のビジョンと目標の明確化、行動プランの作成
・組織理念とモチベーションのアライメント
・ダイバーシティ推進:女性管理職の育成、海外人材の育成など
・研修での学びを定着させ、個人目標と行動プランを作成
・テーマと目標を設定し、4〜5名で行うグループーコチングなど

小林久美 エグゼクティブコーチング

■プライス
まず最初にご相談内容のヒアリングをした後(対面・無料)、プライスを
提案させていただき ます。(目安としては、1ヶ月10万~)


■実績
英語でのセッションも含め、約2000時間(250人近く)。

これまでの主なクライアント:
会社経営者、上級・中級管理職、起業家、研修講師、コーチ、
教師、システム・エンジニア、建築家の方など

【クライアント様の声】
私は第二の人生として、人のお役に立つプロコーチを目指していますが、
その研修の一環としてKumiさんからコーチングを受ける機会を頂きました。
それまでの間、トレーニングとして数多くのコーチングを受けてきましたが、
Kumiさんのコーチングは異次元のもので、まさに目からウロコでした。

何度かコーチングを受けていると、問題解決が進み、取り上げる案件が
だんだん少なくなってきますが、Kumiさんにコーチングしてもらったのは
そんな時でした。

「何を扱ってもらおうかな?」と考え、案件を用意し、その時間を迎えました。
初めてのセッションで 緊張している私を優しくリードしてくれて、
「近況を教えていただけますか?」
からスタートしました。

私としては用意した案件を聞かれるのかな?と思ってましたが、そのまま話を
始めました。
ところがセッションが進むにつれて、用意していた案件以上に解決しなければ
ならない重要な問題を抱えている自分に気が付いたのです!

そして有難い事に約1時間後には、この重要な問題が解決できたのですが、
驚いた事に、最初に考えていた案件が、その重要な問題の中に潜んでいたのです。
ですから最初に考えていた案件も、一緒に解決できたのです。

今まで受けたコーチングは、ビジョンや案件に対してのものでしたが、Kumiさん
のコーチングは、その案件を取り囲んでいる問題から根本的に見直しさせてくれます。

Kumiさんからどのようなコーチングを受けたのかは書ききれないので、ぜひ
異次元のコーチングを受けてみて下さい。
根本から変われる事を確信しております。
(会社経営者 W氏 55歳男性)


sub-h-02
30代前半、プライベートも仕事も同時にうまくいかなくなった時期がありました。
うつ鬱と独り悩み込んでいた私に友人が、「コーチをつけてみたら?」と助言してくれ即予約。
コーチが何をする人なのかもよくわからないまま、藁にもすがる気持ちでコーチのオフィスへ。

白髪で柔和なコーチボブが最初に言った言葉は

「So, tell me about you and your life.」

私の話に、全く自分の意見や決めつけを挟まず、けれど曖昧なところは決して逃さず、
じっと耳を傾けてくれました。人に話をしきる、また聴ききってもらうパワフルな体験でした。

その後、定期的にセッションで色々話す内に、自分の強味や自分らしさに改めて気づき、
それらは「よし、またやれる」というハラからの自信に繋がっていきました。

何よりも大きかったのは、『何を軸にどう生きていきたいのか』が明確になったこと。
それまでの

”人が好きだから…”

ではなく、

”人の人生に深く関わりポジティブな変化をおこすこと”

こそが私が本当にやりたかった仕事なのだとわかり、コーチになる決心へと繋がりました。
ボブとの信頼関係、パートナーシップがあったから、自分を信じて踏み出せたのだと
思っています。

コーチとなって10年。
ボブがしてくれたことを私もやり続けたい。
一人でも多く、内側から元気に自分の可能性にチャレンジし続ける人を応援したいと
思っています。

小林久美


【エグゼクティブコーチングのお問い合わせはこちらから】

■お名前 (必須)

■会社名・団体名 (必須) 

■メールアドレス (必須)

■ご連絡先電話番号 (必須) 

■タイトル (必須)

■お問い合わせ内容 (必須)